ムダ毛の手入れについて

■ムダ毛の手入れ

ヒゲ、わき毛、、足の脛毛に、ビキニラインの毛、それに顔のうぶ毛...と、体をちょっと見てみるだけでもけっこうなムダ毛がありますよね。これを全部脱毛したり脱色したりしたら体にいいとはちょっと言い難いところがありますし、毛の濃い部分をエステで完全に脱毛するまでのお金は馬鹿にならないですよね(脱色はその都度クリームを用意しなければいけませんしね)。

ムダ毛は気になるけど先立つもの(=お金)が無い!という場合は、やっぱり手入れに気を使うのが一番。男の人ならば(豪快にやってしまえば、ですが)ハサミ一丁でもなんだかはみ出している部分のムダ毛のお手入れはできます。
少し手入れをするだけでも「ムダ毛が多くてなんか不潔っぽい」というのが「こざっぱりしていてワイルド」という見方に変わったりもするので、毛深いことで悩みをお持ちの方はお手入れの方法を調べて実践してみるといいかもしれませんね。


■ムダ毛のお手入れグッズ

ムダ毛のお手入れ方法と言ってぱっと思いつくのが「毛抜きで抜く」「クリームなどを使ってかみそりで剃る」の二つ。家でお手入れをする方はこの二つの方法のいずれかを選んで顔から体から全部やってしまう方が多いようです。

ちなみに私はかみそりも使いますが、メインは「毛抜き派」。そのため様々な毛抜きを試しましたが、言えるのは「高くてしっかりしたものを買った方が痛くなくて、また毛が生えにくい!」ということ。毛抜きなんて安くてもいいと思うかもしれませんが、職人さんが作ったものは細い毛もしっかりつかんでくれる上スルッと抜けてくれるので、皮膚への刺激が少なくて済み、ムダ毛が生えにくいのです。
超・最高級のものを求めるならば一生使えそうな一万円以上のものを買ってもいいかもしれませんが、そこまでお金はかけられないという方は楽天市場の「包丁とナイフ、はさみの杉山刃物店」にある「宏明作・いろは毛抜き(毛抜き・眉毛用共に1,900円)」もいいかもしれません。お手ごろで高品質なものを使えますよ。


楽天で調べる場合はこちら⇒『宏明作・いろは毛抜き


■ビキニラインや足のお手入れ

夏場は非常に気にしていても、秋・冬・春は手入れがどうもおろそかになりがちなのが、足やビキニラインのムダ毛。夏は水着を着るからと悩み、かなり気合を入れる方も多いと思いますが、シーズンオフになると見える部分だけ...という方もいるようです。

ですが、最近は冬でもノースリーブの服を合わせたり、パーティーでちょっといい服を着たりすると、自分ではノーマークな部分が濃いムダ毛と一緒に露出して「あ!」という事態に陥ることもあります。
そういった経験のある方は、お風呂に入っている時でいいので、全身をさっとチェックすることをおすすめします。そのとき気になったムダ毛を軽く手入れをするという習慣をつけるだけでも、いざというときの手間が違ってきますので、ぜひ試してみてくださいね。


ムダ毛の手入れについての関連記事

▲ムダ毛の手入れについてトップに戻る