毛深い女性の場合

■毛深い女のコンプレックス

体が毛深いというのは女にとってはかなり厄介な問題で、顔・脛・腕...と様々な部分が毛深いと、「みっともなくないように!」と体中の毛を剃ってから外出するようになるのですが、これが非常に面倒で大変なのです。しかも、剃れば剃るほど、それが体毛がさらに濃く、硬くなる原因になる...というのは、なんとも女性としてはつらいところですね。

かく言う私もそういう「毛深い女」の一人。独身時代はかなり毛深いことにコンプレックスを感じていましたが、子育てに追われている今はそんなこと(!)に気をかけている暇も無く、最近は「人が大量に集まる場所」「ちょっとおしゃれな場所」に出かける時だけしか剃らなくなってしまいました(そして、そのことに家族はツッコんできません)。
年齢とともにそういった毛深いことへのコンプレックスは解消されていきますが、正直女を捨てているようで微妙な気分になります...。


■女のムダ毛ケア

露出の多い夏でも、長袖を着る冬でも、毛深いことが気になる女性はムダ毛ケアが欠かせませんよね。脛など、ムダ毛が特に気になる部分を脱毛をして状況を改善するという手もありますが、やはり脱毛はお金がかかるのでそのつど剃っちゃう、という方も多いのではないでしょうか。
でも、毛深い方でそれなりの頻度でケアをするという方はできるだけ刺激の少ない方法でムダ毛をきれいにしたいですよね(刺激を与えると、また毛深くなる原因になってしまいますしね)。

私が愛用しているのはジレットの替刃式かみそりの「ヴィーナス ディバイン」。この商品は替刃に「モイスチャースムーサー」といわれる植物性エキスが付いているために、剃っても肌がガサガサになりにくく、剃った後もチクチクと痛みにくくなるので、女性だけでなくお肌が弱い男性にもおすすめですよ。


楽天で調べる場合はこちら⇒『ヴィーナス ディバイン


■毛深い女からの脱却方法

毛深い女でいたい!という女性はそうそういないと思います。とはいっても、悩みを解消する方法はあまり無い...というのが現状ですよね。
よくあるのは「豆乳」をつかったムダ毛ケアですが、これはいくら豆乳をがぶ飲みしても効果は無く、豆乳を直接塗ってもべたつくだけであまり効果が無い(しかも大豆アレルギーの方は大変なことになります)...ということで、肌への浸透性が高く、比較的改善効果のある豆乳ローションが毛深いことでお悩みの方の間で使われるようになったのだそうです。

最近は豆乳ローションの作り方をまとめたサイトも数多くあり、検索サイトでも簡単に見つけることができますので、自分でも簡単にできそうなものを探してみてはいかがでしょうか。


毛深い女性の場合の関連記事

▲毛深い女性の場合トップに戻る