ムダ毛対策の石鹸

■ムダ毛を石鹸で取る

毎年夏になると出てくるのが、脱毛効果のある石鹸などのムダ毛用のスキンケアグッズです。
試しに楽天で検索してみても、けっこうな数の商品がヒットします。
これらの脱毛商品にはデピライン・ヒオウギエキス・キャピスロー・茶葉や豆乳(イソフラボン)など、脱毛というよりは発毛を抑える効果のあるものが多く含まれていて、継続して使うことで初めて効果を実感するようです。

ですので、使ったそばからスルスルと毛がなくなっていく...というわけではないんですよ。
口コミでも「しばらく使って効果を確かめてみる...」という意見が多いですしね。


■かみそりと石鹸でのムダ毛処理

誰もが一度はやったことがあるだろうムダ毛処理の方法が、お肌に泡立てた石鹸をつけてかみそりを滑らせてムダ毛を剃る、という除毛処理ではないでしょうか。
人によってはいくら石鹸をつけてもかみそり負けしてしまうこともあるので、使い方も注意が必要です。
個人的には、3本200円くらいのお徳用かみそりよりも、ちょっと高めですが「ヴィーナス ディバイン」などのスムーサー付きの刃のものを使うことをおすすめします。
口コミでも剃るのも楽で処理後も比較的肌荒れしにくいという評価が多いですし、替え刃があるので経済的ですよ。


楽天で調べる場合はこちら⇒『ヴィーナス ディバイン


■軽石と石鹸でムダ毛を取る

最近ネットでもたまに見かけるのが「軽石で毛の処理はできるのか」という記事。
軽石といえばかかとをこすって角質を取るというイメージですが、それと同様に皮膚をこすってムダ毛を取り去るというものらしいです。
今ネットでも出回っている除毛タオルみたいなもののようです。

ここで注意しておきたいのが、軽石を使ってムダ毛処理をする時はやさしくこすること。
タオルと比べて明らかに固くて痛いので皮膚を傷めることもありますので、使用後はクリームを使うなりしてお手入れを必ずするようにしてくださいね。


■石鹸でのムダ毛処理のアフターケア

石鹸でムダ毛を処理した後は、クリームなどでお肌のお手入れをしておくことを強く薦めます。
というのも、石鹸やボディソープで体を洗った上に、さらに石鹸を使って毛の処理...となると、体の脂が根こそぎ取られてしまう為にお肌がかさかさになってしまう!なんてこともあります。
せっかく脱毛してお肌がきれいになるはずなのに、乾燥してお肌が粉吹いている、なんて状態になったらちょっと切ない気持ちになりますよね。
かみそりなどを使って肌が切れている場合が多いので、クリームやボディ用化粧水などはアルコールフリーの物を使ったほうがしみにくいと思いますよ。


ムダ毛対策の石鹸の関連記事

▲ムダ毛対策の石鹸トップに戻る