背中のムダ毛について

■背中のムダ毛について

一年中ムダ毛の手入れを頑張る人でも、どうしてもおろそかになってしまうのが実は毛深い背中のムダ毛。
あまり気にしない人は「どうでもいいじゃないの」と思う方もいるかと思いますが、背中の開いた服を着たりする機会のある方などはきれいにしておくに越したことはないですね。

最近では、ウエディングドレスを着る予定のある花嫁さんなどはブライダルエステで背中の毛剃りのお手入れをしてもらう方もいるようです。
(専門のブライダルエステではオプション扱い。背中のシェービング+マスクパックのケアで5,250円。1?2月前に実行する方が多いようです)
意外と結婚式では背中に視線が集中しやすいので「やってよかった!」という方も多いようですよ。


■タオルでムダ毛を取る

なかなか手が届かない為にムダ毛処理の難しい背中ですが、最近はお風呂で体を洗うのと同時にムダ毛をきれいにしよう!というコンセプトのタオルも数多く発売されています。

そのうちのひとつはビオネットと呼ばれるものです。
これはナイロンなどの素材で作られていて、タオル地が毛をからめ取って、擦ることでだんだんと毛が切れていく...というものです(毛が抜ける、というわけではなさそうです)。かみそりよりも安全なので、口コミサイトでも使っている方がいるようですね。
私も試しに使ってみたのですが、最初はいいのですがだんだんナイロンの目が切れた毛とお湯による目詰まりで使いにくくなってきたように感じました(タオルも丁寧に洗うなどお手入れが必要ですよ)。


楽天で調べる場合はこちら⇒『ビオネット
また、毛深くムダ毛が濃い方はタオルでからめ取るのがちょっと難しいので、ケアをしてみても少々効果を実感しにくいかもしれませんね。


■背中のムダ毛と子供

夏になるとプールの授業で「お前背中毛深いー」と言われる子供がクラスに何人か出てくるそうです。「そういうので子供がいじめられたら...」などと悩み、インターネットの口コミ掲示板でも対策を相談をするお母さんが最近増えているようです。
とはいえ、ムダ毛は皮膚を保護したり体温を保ったりと大事な機能を持つものです。それに、先回りして対策を練ってかみそりでムダ毛を剃ると「背中の毛=悪いもの」というものが子供の頭にインプットされてしまい、毛深いことに深いコンプレックスを持ってしまうこともあります。
こっそり生活の中で豆乳を飲んでもらったりするなど(豆乳に含まれるイソフラボンには発毛の抑制力があります)、日常の中でちょっとムダ毛が生えにくくなるような工夫をしつつも、子供が「背中の毛剃ってー」と言うまで静観するのも大切ですよ。


背中のムダ毛についての関連記事

▲背中のムダ毛についてトップに戻る